姿勢が悪いと骨盤がゆがむと言うことは多くの女性が知っています。骨盤矯正の第一歩は姿勢を正すことからと言えるでしょう。姿勢が正しくなれば自然と骨盤は整いますし、整った骨盤はゆがみにくなります。しかし、多くの女性は骨盤矯正をしても、再びゆがんでしまうことが多いです。理由は、抗重力筋が鍛えられていないからでしょう。抗重力筋が鍛えられていないと、正しい立ち方ができません。さらに、下腹部がポッコリと出てしまうこともあります。いくら骨盤矯正をしても無駄になってしまうわけです。なので、骨盤を矯正するのも大事ですが、抗重力筋をしっかりと鍛えるようにしましょう。抗重力筋はジムでトレーニングマシーンを使って鍛えなければいけないと思われがちですが、そんなことはありません。普段生活している中でも抗重力筋は鍛えることができます。

骨盤矯正グッズだけに頼るのはやめよう

骨盤がゆがむと、太りやすくなると言うことは知られています。しかし、それだけにとどまりません。骨盤のゆがみは血管や神経にまで負担をかけます。結果、腰痛や肩こり、頭痛や膝の痛みに悩まされることになるでしょう。また、生理痛や生理不順など、女性特有の症状も出やすくなります。さらに、女性は冷え性や便秘であることが多いですが、これも骨盤のゆがみが原因であることが多いです。骨盤のゆがみは美容と健康の大敵と考えておきましょう。女性なら骨盤矯正の知識は持っておくべきです。骨盤矯正の方法は色々あります。ただ、骨盤矯正グッズだけに頼るのはやめましょう。効果がないと言うわけではなく、ストレッチなどでしっかり体を動かすことが大事です。座るだけで骨盤が矯正されると言うグッズもありますが、それだけで完璧に矯正されることはないと言うことを頭に入れておきましょう。

骨盤矯正で体のズレを戻していきます

骨盤に歪みがあると、人体に様々な影響が出てしまいます。特に女性でダイエットを考えている人は、骨盤矯正をしてみる事が一つの方法です。骨盤の歪みも大きく分けると種類がありますので、自分に合った方法を探して正しくやって行くのが、歪みを治す秘訣と言えます。骨盤の歪みというのは、骨が歪むことにポイントを見がちですが、実際は骨盤の中にある骨が、若干狭くなったり広くなったり、動く範囲が左右対称ではなくなってしまうことが問題になります。左右対称でなくなって、ズレが生じることによって、骨やそれに伴う筋肉が歪んでしまう状態になります。そうなってくると、体の中に流れている血液の流れを悪くなってしまい、様々な症状を引き起こします。主に起きるものとしては、便秘もありますし、冷え性なども骨盤の歪みから来ていることが多々あります。